イベント&ライブ Evnet & Live
【2018年7月29日】「MAPLEZに携わって下さった皆様へ」

【2018年7月29日】「MAPLEZに携わって下さった皆様へ」


「MAPLEZに携わって下さった皆様へ」

Information

2018年7月29日

 


この度、2018年7月29日・広島CLUB QUATTROにて開催致しました「MAPLEZ“原点回帰”WEST JAPAN CARAVAN TOUR 2018」最終公演を持ちまして、2013年1月1日の結成より約5年6ヶ月、実に2,035日に渡る活動が終了致しました。



 

広島を拠点に、専用劇場「STUDIO MAPLE」選抜メンバーにて構成されたアイドルユニット「ひろしまMAPLE★S」からスタートし、右も左も分からない中「広島から全国に通用するアイドルユニット」を目指し、ここまで活動を続けさせて頂けましたのも、歴代メンバー・スタッフ、メディア・イベント関係者の皆様、各インストラクターの皆様、サウンドプロデューサーのマツモトマサヤ氏、そしてファンの皆様のご声援の賜物です。

 

 

 

数々のライブ、イベントへの出演を経て、MAPLEZは「音楽とライブで人に感動を届ける」事の難しさや楽しさ、大切さを経験して参りました。

そしてそれをチームのアイデンティティとして、最後まで取り組まさせて頂いたつもりです。

 

 

 

そのベースとなるサウンドは、2nd Single「恋のセンセーション」より作詞・作曲・編曲はじめ、全楽曲制作およびレコーディング・ミキシング・マスタリング etc...

楽曲制作に関わる全ての工程を、サウンドプロデューサー・マツモトマサヤ氏によって手掛けて頂きました。

 

 

その素晴らしい楽曲に、パフォーマンスを通じてメンバーの想いを乗せ、ファンの皆様に「感動」を届けられた活動期間であれば幸いです。

 


また、同氏が魂を削りながら生み出して頂いた全ての作品に感謝し、今後東京を拠点に展開する「MAPLEZ後継ユニット」にて大切に引き継がさせて頂きます。

 

 

そして劇場閉店後、MAPLEZのホームとして毎週のようにライブを開催させて頂いたLIVE HOUSE「SECOND CRUTCH」様、また、最後までMAPLEZメンバーとあたたかく接して下さいました制作の「SECOND SCENE」 様にも心よりお礼申し上げます。

 

 

その他、愛情を持ってメンバーにご指導頂きました各インストラクターの皆様、不慣れな収録現場等で優しく接して下さった広島メディア関係者の皆様はじめ、感謝をお伝えしたい方は数え切れません。

 

 

そして何より、最後までMAPLEZにご声援を頂いた親衛隊の皆様、本当にありがとうございます。

マネジメントサイドの不手際で、多大なご迷惑・ご心配をおかけする事も多かったと思います。

しかしながら皆様のおかげで、メンバー・運営ともに最高の景色を観させて頂く事が出来ました。


 

今後とも関連ユニット・新たに展開する新ユニットにご声援頂けましたら幸いです。

 

 

今後のメンバーに関しましては、既にMAPLEZを卒業致しました「小泉明音」は弊社東京OFFICEにて運営しております「ヲルタナティヴ」にて引き続き活動を行います。


「矢野美優」「小川彩菜」は東京にて新たに展開する「MAPLEZ後継ユニット」にて活動を行います。


「天野名雪」はMAPLEZでの経験を活かし、今後はソロで活動して参ります。


「愛梨」は「MAPLEZ後継ユニット」とは別に東京で展開する「新ユニット」で活動を続けて参ります。


そして「朝比奈桃子」は先日お伝えした通り、2018年7月29日を持ちまして「MAPLEZメンバー」として、卒業・引退をさせて頂きます。

 

 

最後に、MAPLEZを支えて下さいました全ての皆様、本当にありがとうございます。

約5年6ヶ月・2,035日の活動期間全てが宝物になりました。

重ねてお礼申し上げます。

 

 

 

MAPLE INC.「MAPLEZ」総合プロデューサー

ISSEI TABATA

【2018年7月29日】「MAPLEZに携わって下さった皆様へ」
【2018年7月29日】「MAPLEZに携わって下さった皆様へ」
【2018年7月29日】「MAPLEZに携わって下さった皆様へ」